私は電車で乗って座れた時は
自分の手を押して痛いところがないかいつも押しています
そうすると調子の良くない所が痛かったりするので
その場所をよ~く押し揉みをしています
 

あと指なども押してみたりして
指先はつまんで引っ張るようにはじきます
なぜか薬指はしない方がいいらしいのでやらないように
気を付けているんですが、ついつい忘れて引っ張ってしまいます
 

最後に万能のツボといわれる合谷(ごうこく)を入念に押し揉みしたりして終了
という具合に電車の暇な時間にツボ押しをするように心掛けています
 

押して痛かった箇所はツボのアプリなどで確認し
自分の状態を把握することで、胃腸のツボが痛いなら
なるべく食べ過ぎないなど自分で出来る範囲のことをするようにしています
 

こんな些細な事でも効果があるのか血圧も安定していますし
風邪も重症になることがないのでいいのかもしれません
民間療法ですのでお金も掛らずとても重宝していますね
まずは健康状態の把握にツボを利用すると良いですよ!

街を歩いていると気付かれている方も多いと思いますが
整体のお店がやたらと増えたと思いませんか?!
 

以前は体の調子というか腰痛がひどいとか膝が悪くて
歩くのにも難儀する人が行っていたと思います
実際費用も高く一回5000円から1万円位掛りました
 

そのような高額になると体調の悪い人かお金に余裕のある人位しか
利用していなっかった整体がなぜこんなに増えているのでしょうか?
 

それは一度でも行った事のある人なら分かると思いますが
保険診療をきかせて一回の費用を1000~1500円前後に抑えているからなんです
当然お年寄りは負担の割合が低いので通常5000円でもそれは安くなりますよね
 

本当に上手い整体なら行く事により介護費用がかからない健康な人が
増えるのならいいのですが、実際そんなに上手な人は何の業界でも
そんなにいるものではないので、大多数のお店は中または低レベルの
技術しかもたない人が施術を行っているのが実情でしょう
 

ということは医療費が毎年1兆円づつ増えているのにもかかわらず
ちゃんとしていない整体院に多額のお金を保健診療として支払っている
国はどうするんでしょうか?
 

あまり悪くもないお年寄りが今までは病院にいって暇を潰していたのが
今度は場所が変わったというだけで年寄りの溜まり場に多額の税金を
投入していていいのでしょうかね
 

素人が考えてもそれは良くないですよね
待機児童を解消すると号令は掛けていても
公務員保育士以外は年収300万円がせいぜいで
給与が労働や責任に比べ格段に安いため、続けたくても辞めて
違う職種についてしまう保育士の処遇を改善した方が
世のためになるんではないでしょうか
 

保育士だけでなく介護職も仕事のハードさに比べ年収が低い代表ですが
このような世の中に必要な職種の人たちにお金を回してあげた方が
いいと私は思います
 

少し整体で施術をしてもらって良くなるはずはないので
きちんと日々のトレーニングを教えてくれるようなお店に
どうせなら行かないと意味がないですよね
 

まずは自分でツボを押して悪い箇所を把握して
毎日ツボ押しから始めては如何でしょうかね
お金は掛らずしかも効果があるので

 
ツボの位置を探すならこちらで

色々な職業病があるでしょうが
その中でも断トツに多い職業病は腰痛ではないでしょうか
 

全国に約2800万人の腰痛持ちがいるそうで
40~60代の約4割が悩んでいるようである
まさに国民病ともいえる数ですね
 

美容師は立ち仕事ですから多いようですし
(あと手荒れが酷くて辞めていく人も多いそうです)
看護師や介護職の人も無理に患者や老人を動かすなどして
傷めるケースが多いようです
資格を取る前に研修で運び方などを勉強するのですが
なる人はやはり多いようです
 

また保育士さんも背の低い幼児を抱えたり
乳幼児を抱っこしたりするので保育士も悩んでいる方が多いようです
小さい子に対応する時はその度に屈まなければ視線が合わないため
どうしても傷める機会が増えるのが一因のようです
保育士はイメージよりも重労働なので気を付けて欲しいものです
 

またドライバーや事務職、プログラマーなど
長い時間椅子に座っている方も肩こりや腰痛になりやすいようで
そう考えると4割の働き盛りが患っているのも
頷ける結果ですね、日々きちんと運動できればいいのですが
それが難しい人は整体などに通い、バランスを整える必要がありそうです
 

整体も昨今は保険を適用させて安く施術してくれる整体が増えましたので
上手い整体を探して個々で体調維持に励みましょう